2018-11-14 トニのサトシ

車の買取を利用する際には、複数の業者の査定を受けて、最も高い所を選ぶのがいいですが、いざ業者を決めた後、他の業者にはなんていって断ればカドが立たないか迷う人もいるでしょう。

難しくとらえなくても、他社の方が買取額が良かったのでと隠さず言えばいいのです。 (さらに…)

2018-11-11 トニのサトシ

中古売却の際には、なるべく沢山の会社に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、より高値で中古を売却するコツと言えるでしょう。複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、みんなで見積額を競争するようにしてしまうのも有利にはたらく方法です。 (さらに…)

2018-11-11 トニのサトシ

いままで乗っていた車を売却すると、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、車がないと困る人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。 (さらに…)

2018-11-9 トニのサトシ

これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

ものによっては査定金額が付かないところまで低い金額になってしまうケースもあるので注意が必要です。 (さらに…)

2018-11-8 トニのサトシ

大抵の中古車買取業者においては、査定にかかる時間はただ待っているだけの時間を除くとおおよそ15分弱でしょうか。

10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークション等の平均額を基にして基礎になる査定額が事前に決定されていて、基本査定額から車の各部位の状態や走行距離などを確認して、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすれば最終的な価格を決定することが可能だからです。 (さらに…)

2018-11-5 トニのサトシ

査定時、実際には車の何を見るのかというと車のメーカー、車種だけ見るのではなく、検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも当然必要なこととなっております。これに加えて、申し分なく動くかどうかの動作チェック、それからエンジンルーム内の点検ももちろん必要なことですから、それらも考え合わせると、車の査定を受けるのには早くて15分、もしくは30分程は見ておいた方がいいかもしれません。 (さらに…)

2018-11-5 トニのサトシ

自動の年間走行距離というと、自家用に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、当然ながら距離なりに査定ではマイナスポイントがついていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。 (さらに…)